フレデリック・ランチェスター先生_edited.png

ランチェスター戦略とは 、

競争法則である

ランチェスター法則

経営学応用したものです。

経営のやり方に大きな革新を加えた最も実践的な中小企業用の経営戦略です。

 

ランチェスター戦略については、これまで多くの人が本を出版したり、講演してきたことで、経営戦略の研究に熱心な人たちの間では、よく知られた存在になっています。

 

ランチェスター戦略とは 、競争の法則であるランチェスター法則を経営学に応用したものです。

1914 第1次世界大戦 イギリス誕生した

ランチェスターとは何?

人の名前です。

イギリスのフレデリック・ランチェスター先生(英国生まれ、1866~1946)は、28歳から12年間自動車会社を経営していました。

 

1914年第一次世界大戦が勃発したことに刺激を受け、飛行機の将来性や地上の先頭における力関係はどのようにして決まるかなどを考察し、ランチェスター法則を考えつきました。

「質×量」で表わされる、戦争における戦闘法則のことです。

第一法則と第二法則があります。

1939 第2次世界大戦 アメリカ軍事応用した

第二次世界大戦がはじまる前、アメリカの国防省は日本とドイツとの戦いは避けられないと考えました。そこで数学者や物理学者、さらに生物学者などその道の達人を何人も集めチームごとに研究をさせました。

これがプロジェクトチームの作り方とオペレーションズ・リサーチ(実際的問題解決用、O・R)という新しい学問を生むきっかけになったのです。

 

あるチームのメンバーの一人であった「バーナード・コープマン」は、ランチェスター法則に着眼するとともに、確率の法則やゲームの理論など組み合わせ、「コープマンの戦略モデル式」を考え出しました。

 

国防予算の振り分け、3分の2を戦略に、3分の1を戦術にまわすと最も効果的に勝てるというものでした。

 

戦争が終わって数年後に、アメリカ政府は、日本の産業を早く復興させるため、技術者や学者を何人も派遣しました。

 

その中の一人に、品質管理で知られる「デミング博士」がいました。その時に「オペレーションズ・リサーチを研究すると経営の役に立つ」と言ってこの本を日本に送ってくれました。翻訳され1955年9月に出版されました。

1955 第2次世界大戦後 日本経営活用した

ランチェスター法則を「経営に応用」することを考えた人が「同時多発的に」何人も現れ、第一次ランチェスター戦略ブームが起きました。

 

 

ランチェスター法則の研究者が続々と誕生し、企業間競争、競争条件が有利な会社と、競争条件が不利な会社とでは経営のやり方は変えるべきだと研究が進みます。

 

そしてマーケティングの実践理論として開発されました。

 

1969年、日経新聞に斧田大公望先生と田岡先生と共同で導き出した「市場占有率の3大数値」(73.9%、41.7%、26.1%)を説明するとともに、市場占有率の重要性について説明しています。

この3大数値は日本独自のオリジナル理論です。

 

1972年、ビジネス社から田岡信夫先生はランチェスター法則を元に、強者の戦略と弱者の戦略について出版され、第二次ランチェスター戦略のブームが起きました。