2022年 11/1【地域戦略③】が開催されました

2022年11月1日(火)午前10時からのランチェスター社長塾は「地域戦略」が行われました。


テーマは


(1位の地域作りと陶山訥庵の戦略)


今回は、実際に1位の地域を作るとき、手のうち方は業種・業態によって変わってきます。 1回あたりの取引高が大口になる場合と、1回当たりの取引高が小口になる場合とでは やり方が変わってきます。 取引する金額が多くなるばあいは、移動時間が長くなっても採算がとれますが、 競争が激しくなります。 小企業の社長は、どこを中心に販売するか、営業地域の拡大範囲をどこまでにするか、 きちんと見極める必要があります。

陶山訥庵の地域戦略 「戦略とは見えざるもの」といわれるように、わかりにくいので モデルとなる「イメージ」があれば実行しやすくなります。 そこで小口取引型の1位作りに最適なやり方の参考になる 長崎県の対馬で 8万頭ものイノシシを全滅させた陶山訥庵の戦略を 説明しました。

今でいう県知事に就任した陶山訥庵は、研究を重ね戦略を立てていくのです。






 

まずは対馬を九つに区切る。

北に5年の計画。

大垣をたて、中垣をたて、そして区切って猪を追い詰めていきます。大垣をどこに立てるか、どれくらいの高さにするか。

今迄やったこともないことに反対意見があるなか、協力者の力を借り、説得し

手引書を作成していったのです。